BJアームその3

夕食後に短時間のオーディオタイム

BJアームのケーブル接続部分をシールドした。
e0292266_0444588.jpg

コラーロ4TR200をメインポジションに置いて試聴した。
e0292266_0431453.jpg

まだまだ調整が必要である。

------------------------------------------
(追記)
BJアームが正常に動作するための(必要)条件

プレーヤーのターンテーブルとアームボードが水平であること。
トレース時のアームが水平であること(長軸方向、横方向共に)。
アーム基部のアーム部との軸受け4点が長方形(の角)であること。
カートリッジ受けとアーム部の軸受け4点が長方形(の角)であること。
10箇所の軸受けの摩擦抵抗が少ないこと。もちろん軸受けのガタは最小であること。

これらが全てクリアーされないと正常な動作は覚束ない。
具体的にはトレースの途中で(捻れによる軸受けの摩擦抵抗の増大により)先に進まなくなり針飛びを起こす。

------------------------------------------



茶筒ドライバー用のバラック励磁電源をまた少し変更した。
e0292266_0453988.jpg

再生音は僅かずつだが改善しているように感じる。
 
 
 
 


[PR]
by TK-europa | 2017-07-01 01:00 | Comments(2)
Commented at 2017-07-04 17:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by TK-europa at 2017-07-04 18:32
○○さま、コメントありがとうございます。
了解いたしました。
こちらこそ宜しくお願いいたします。
<< Europa jr. driv... BJアームその2 >>