励磁電源その40


e0292266_00551000.jpg
茶筒ドライバー用を866に交換してみた。

872Aよりこちらのほうが音が少し緻密になるようだ。



866でしばらく聴いてみることにする。 
 
 
 
 
 
 


# by TK-europa | 2019-03-09 01:00 | Comments(0)

励磁電源その39



e0292266_21055901.jpg

e0292266_21062791.jpg
すべてニトロゴールに交換した。

いい感じであるが、低域がごく僅か薄くなったかもしれない。



次回は866で試してみるつもりである。




# by TK-europa | 2019-03-07 21:08 | Comments(0)

励磁電源その38

e0292266_22453686.jpg
大好きな義父が先日亡くなった。

とっても優しい義父だった。

フォーレのレクイエムを捧げた。







ニトロゴールのコンデンサを試してみた。

まず右チャンネルのウーファー用に繋いだ。
e0292266_22532751.jpg
いい雰囲気である。音離れが向上している。



両チャンネルのドライバー用にも繋いだ。
e0292266_22574693.jpg
いい感じである。




ニトロゴールを茶筒ドライバー用に繋ぐ前に、866を試してみた。

e0292266_23002800.jpg
 

e0292266_23021318.jpg
発色が綺麗である。
 
e0292266_23052453.jpg
コンタの魅力がさらに増した。

 
 
 


# by TK-europa | 2019-03-03 23:28 | Comments(0)

励磁電源その37

4B32も試してみた。

e0292266_00463638.jpg
水銀蒸気とキセノンガスの音色の違いは別にして、この4B32は音のヌケが今ひとつだった。

3B28の時にも感じたのだが、電極構造の違いによって音のヌケに違いがあるようだ。

3B28はプレートがカバーに覆われているものと覆われていないものがあり、

カバーに覆われているものは音のヌケが若干落ちるように感じた。



今回の4B32はすべてカバーに覆われているものだったので音のヌケに物足りなさを感じたのだろう。



元に戻した。
 
 
 
 
 
 



# by TK-europa | 2019-03-03 00:50 | Comments(0)

励磁電源その36


オイローパジュニアのみ(2way)で聴いていると音の純度の良さを感じる。

e0292266_12122629.jpg
3wayにするとごく僅かな純度低下を感じるようになった。

整流管の余裕度の向上によって、茶筒ドライバーとの僅かな音色の違いを表すようになったからかもしれない。

あるいは他の原因かも・・・・。




2way時に高域の僅かの不足は感じるが不満というほどではない。

これも整流管の余裕度の上昇が寄与しているようだ。

以前は高域の不足がやや不満と感じていたので高域に茶筒ドライバーを加えて満足していたのだが。
 
 


 
比較試聴をしばらく続ける。
 
 
 
 
 
 

 


# by TK-europa | 2019-02-11 12:19 | Comments(0)

梅が咲いた

庭の梅が咲いた。
e0292266_23400814.jpg


今日は久しぶりの終日オーディオタイム。

e0292266_23412403.jpg
オイローパジュニアのみ(2way)で聴きながら、

茶筒ドライバー用の励磁電源を用いて872Aのチェックをした。


Funke W19では872Aや4B32のチェックが出来ないからである。
 
 
 
 
 
 
 


# by TK-europa | 2019-02-09 23:46 | Comments(0)

励磁電源その35


e0292266_22162702.jpg
オイローパジュニアをいい感じで聴きながら、866Aのヒーターエージングをしている。
e0292266_22170323.jpg

866を1本入手したので動作チェックをした。 
e0292266_22173740.jpg
1ターンのフィラメントで866Aのようなカバーがないので水銀蒸気の発色が綺麗である。

もう1本入手してペアで使用したい。
 
 
 
 
 


# by TK-europa | 2019-02-04 22:24 | Comments(0)

励磁電源その34

ドライバー用に872Aを試した。

e0292266_02242707.jpg
いい感じなので高音用の茶筒ドライバーにも872Aを使ってみた。
e0292266_02265228.jpg
太く充実した音でいい感じである。

整流管はすべて同じものを使用するのが良いようである。
 
 
(追記)
視覚的なバランスを求めて手持ちの872Aのチェックを進めた。

e0292266_20350922.jpg
 こちらのほうが視覚的におちつく。
 
 
 
 
 
 


# by TK-europa | 2019-01-26 02:29 | Comments(0)

励磁電源その33

866Aがとても良かったので、872Aも試してみた。

872Aのヒーターのエージングをする過程で、2本の真空管でヒーターの直列接続が不都合なことにやっと気がついた。

音のためにではなく真空管の寿命のために並列接続を選ばねばならないことに。



ヒーターの並列接続で872Aを使用開始した。
e0292266_22071295.jpg
e0292266_22073363.jpg
872Aを両チャンネルのウーファ用に使用して音の余裕度が更に向上した。

次回はドライバー用に使用予定である。
 
 
 
 
 
 


# by TK-europa | 2019-01-20 23:23 | Comments(0)

聴きぞめ 2019

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。



今年の聴きぞめはタマーニョの「オテロの死」にしました。
e0292266_10491620.jpg
息を引き取るときの表現がすばらしいです。



866Aはとても良い感じです。
 
 
 
 
 
 


# by TK-europa | 2019-01-06 10:51 | Comments(0)

励磁電源その32

AZ50に多少不満を感じるようになったので、3B28と866Aを再確認した。

3B22は時間がなくて再確認しなかった。

e0292266_23011845.jpg
e0292266_23014542.jpg
e0292266_23022264.jpg
e0292266_23025219.jpg
やはり866Aが良かった。しばらくこれで聴くことにする。



もうじき年が変わる。来年こそ良い年でありますように。
    
 
 
 
 
 
 


# by TK-europa | 2018-12-31 23:09 | Comments(0)

励磁電源その31

すべてAZ50に戻して確認試聴した。
e0292266_23490793.jpg
e0292266_23492101.jpg
トランジェントの僅かの鈍さを別にすれば音色は好ましい。

聴き馴染んだ音色で安心感がある。

しかしキセノンや水銀蒸気入りの整流管のトランジェントの良さを知ってしまったので

AZ50で満足できるかどうかわからない。

もう少し聴いてみることにする。
 
 
 
 
 
 


# by TK-europa | 2018-12-23 23:52 | Comments(0)

励磁電源その30

すべて3B28で試聴した。
e0292266_10004081.jpg
e0292266_10005498.jpg

866Aに比べると音の立ち方が僅かにシャープな感じである。

音色はわずかに違いがあり、どちらかといえば866Aの方が好みであるがこちらも良い。
 
 
 
 
 
 
 
 
 


# by TK-europa | 2018-12-15 10:02 | Comments(0)

励磁電源その29

すべて866Aで試聴した。

茶筒ドライバーの音だけが少し滲んだ感じだった。


866Aはヒーター電圧が2.5Vなので、2.5V並列接続と5V直列接続と2つの繋ぎ方ができる。

3B22と併用するためには並列接続のほうが便利なのだが、音が好ましいのは直列接続の方だった。

茶筒ドライバーだけ音が滲んでいたのは並列接続していたからだった。

e0292266_00124261.jpg
直列接続に直して落ち着いた。

ここで時間切れになった。

次回はすべて3B28で試聴する予定である。



(1月20日追記)

2本の真空管のヒーター回路の直列接続は、ヒーターの抵抗値に差がある時には抵抗値の高い方に高い電圧が掛かることになり、真空管の寿命を縮めてしまうことになる。だから音のためではなく真空管のために並列接続(各々独立したヒーター回路)にしなければならない。

このことを(遅ればせながら)やっと理解した。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 


# by TK-europa | 2018-12-13 00:15 | Comments(0)

励磁電源その28

866Aが2ペア届いたので右チャンネルのウーファー用にも866Aを使ってみた。
e0292266_23281787.jpg
いい感じである。

茶筒ドライバー用にも866Aを用意して繋いだところで時間切れになった。

e0292266_23294074.jpg

音の評価は次回以降である。
 
 
 
 
 


# by TK-europa | 2018-12-05 23:31 | Comments(0)

励磁電源その27

ウーファー用を3B22に戻す前に866Aを試してみた。
e0292266_20235189.jpg

e0292266_20263799.jpg
これも良い。3B28と似た音だが、866Aの方が僅かに柔らかいかも。

866Aは現在2ペアしか手持ちがないので、片チャンネルのウーファー用を3B28にして、866Aをドライバー用に使ってみる。

e0292266_20283755.jpg
なかなかいい感じで音の滲みは感じない。音の余裕度が増している。

前回の音の滲みの原因は真空管のソケットの台の材質と工作精度の問題だったようだ。
 
注文している866Aが届いたら、866A、3B28、3B22、AZ50の比較試聴をやってみる予定である。 
 
 
 


# by TK-europa | 2018-12-03 20:39 | Comments(0)

励磁電源その26

3B28をドライバー用にも使った。
e0292266_18295810.jpg
音の余裕度は僅かに増した感じだが、音が少し滲んだように聞こえた。

半波整流管を2本使うことによるデメリットがメリットを上回ったようだ。

ドライバー用を3B22に戻した。

次回はウーファー用も戻してみることにする。
 
 
 
 
(12月3日追記)

音の滲みの原因は半波整流管を2本使ったことではなかった。 
 
 
 
 
 


# by TK-europa | 2018-12-01 00:32 | Comments(0)

励磁電源その25

3B28を両側のウーファーに使った。

e0292266_22053398.jpg
e0292266_22061267.jpg
セラミックのプレートキャップによる音色の違和感はあまり感じなかったが、とりあえず使わない方向とした。

いい感じである。

次回はドライバーに試してみる予定である。
 
 
 
 
 
 
 


# by TK-europa | 2018-11-25 22:11 | Comments(0)

励磁電源その24


3B28を試してみた。

e0292266_23184197.jpg
音のヌケと余裕度が少し向上した。
 
 
 
(11月23日追記)
半波整流管を2本使うことによるデメリットも少し感じた。 
 
 


# by TK-europa | 2018-11-22 23:25 | Comments(0)

励磁電源その23

e0292266_20325272.jpg
チョークインプットを試してみた。

音がまた僅かに向上した。


(11月14日追記)
昨晩確認したらわずかに向上したと感じたのは誤解だったようだ。

元に戻した。
 
 
 
 
 
 


# by TK-europa | 2018-11-11 20:39 | Comments(0)

励磁電源その22

e0292266_21213585.jpg
励磁電源に整流管3B22の使用でトランジェントの向上を得たのだが、音色に僅かに違和感を感じた。


e0292266_21225974.jpg
念の為、AZ50に戻して聴いてみると、トランジェントは僅かに劣るが音色はこちらのほうが良い。



3B22使用での音色の違和感の原因を探るために、ソケットをセラミック製からベークライト製に変更してみた。
e0292266_21255211.jpg
e0292266_21271118.jpg
すると音色の違和感はほとんど感じなくなった。

セラミックの音色が乗ることが違和感の主な原因のようだ。



この状態でしばらく聴いてみることにする。
 
 
 
 
 
 
 


# by TK-europa | 2018-11-10 21:29 | Comments(0)

QUAD ONEのコンデンサ その8

ニトロゴール(8μ2500V)が届いたので昨晩は聴きながら順に交換した。
e0292266_23375264.jpg
e0292266_23381698.jpg
e0292266_23383757.jpg
e0292266_23385953.jpg
いい感じだった。



今夜はとっても良い音になっている。

これで最終形である。
 
 
 
 
 


# by TK-europa | 2018-11-08 23:41 | Comments(0)

励磁電源その21

部品(ソケット)が届いたので3B22を使った4台の励磁電源ユニットが用意できた。
e0292266_22192864.jpg
e0292266_22195080.jpg
トランジェントの向上を得た。

キング盤だがキャンディがごきげんである。
e0292266_22202273.jpg
スーパーギタートリオの地中海の舞踏と広い河が素晴らしい。
e0292266_22205534.jpg
演奏が終わった時に左から小さな声が聞こえるのだが、「ブラボー、ブラボー」と(初めて)聞こえた。

『もしかするとパコ・デ・ルシアがアル・ディ・メオラに声を掛けたのかもしれない』などと思った。




念の為にAZ50用のソケットも残して比較ができるようにしているが、不要になるかもしれない。
 
 
 
 
 


# by TK-europa | 2018-11-03 22:37 | Comments(0)

QUAD ONEのコンデンサ その7

ニトロゴールコンデンサのみを使用した時の音をまだ確認していなかったので試してみた。

e0292266_23404304.jpg

モノラル分のみだが英国の音を確認し、元に戻せなくなった。

ステレオ分のニトロゴールを探していたところたまたま見つかった。

本体より送料のほうがずっと高かったが、届くのが楽しみである。
 
 
 
 
 


# by TK-europa | 2018-10-25 23:45 | Comments(0)

励磁電源その20


オイロパジュニアの高音に使用している茶筒ドライバーの励磁電源はいままで整流管に5U4Gを使用していた。

これを他のユニットの励磁電源の整流管と同じAZ50を使用してみたところ音色の統一を見た。

さらに配線材も統一したところ更に音の純度が上がった。
e0292266_23420186.jpg
なかなか良い感じになって気に入っていたのだが、整流管の3B22が良いらしいとの情報を得たので試してみることにした。
e0292266_23441513.jpg
AZ50との音色の僅かな違いを別にすれば、トランジェントのさらなる向上を得ていい感じである。
e0292266_23460206.jpg
e0292266_23470928.jpg

現在4台の電源ユニットを用意するための部品の到着を待っているところである。 
 
 
 
 
 


# by TK-europa | 2018-10-21 23:50 | Comments(0)

月下美人2018

昨夜月下美人が3輪咲いた。
e0292266_09011983.jpg


e0292266_09051427.jpg

花が開くのを待ちながらレコードをいろいろ聴いた。
e0292266_09071490.jpg
e0292266_09080330.jpg
e0292266_09090395.jpg
e0292266_09095692.jpg
e0292266_09112040.jpg
e0292266_09133393.jpg
EPが相変わらず面白い。  
 
 
 
 
 



# by TK-europa | 2018-09-30 09:16 | Comments(0)

QUAD ONEのコンデンサ その6

久しぶりの書き込みである。



QUAD ONEのコンデンサ遊びを続けていたが、とりあえずの決定形である。
e0292266_21402946.jpg
信号の一番上流のコンデンサが音色に最も強く影響する。


e0292266_21411514.jpg
2週間前に月下美人が3輪咲いたが、また3輪咲きそうである。








# by TK-europa | 2018-09-22 21:45 | Comments(0)

Connoisseur Type A に Leak Dynamicの取り付け



今日は昼からオーディオタイム

懸案のConnoisseur Type A に Leak Dynamicの取り付けをした。
e0292266_21185900.jpg
木製アームボードよりもダイレクト感が増している。

ただし現状では多少の微調整が必要である。

ターンテーブルボードを装着する木製のボードかケースが必要となるかもしれない。








# by TK-europa | 2018-06-30 21:21 | Comments(0)

QUAD ONEのコンデンサ その5

昨日は久しぶりに午後からオーディオタイム

QUAD ONEのコンデンサ遊びを続けている。

いろいろ試している。

e0292266_14575244.jpg
わかったこと。


適材適所。

過ぎたるは及ばざるが如し。

音は物理現象であるので素材の音色の総計が再生音となる。




とっても面白い。

e0292266_14595892.jpg
e0292266_15004179.jpg




# by TK-europa | 2018-06-17 15:03 | Comments(0)

CPS40E の修理

修理が完了した。

e0292266_21345010.jpg
ハードルはかなり高かったがなんとか肩の荷を降ろせた。

いくつかのノウハウも得られて楽しかった。
 
 
 
 
 


# by TK-europa | 2018-06-02 21:36 | Comments(1)