業務連絡

スクアラン
e0292266_2022731.jpg
e0292266_20223948.jpg
e0292266_2023622.jpg
e0292266_20233159.jpg

[PR]
# by TK-europa | 2016-11-11 20:24 | Comments(0)

STAX CPS40E その6

今日はオーディオタイム。

ターンテーブルを変えてCPS40Eの試聴の続きをした。

5日前とうってかわって歪んだ音が出てきた。

顕微鏡で見ると針先に埃が溜まっているのでこれを取り除くと、ダイアモンドチップの台の下にあるべきゴムダンパーが伸びてチップの台から離れたままになっていた。

オイルがゴムダンパーを傷害した可能性がある。

使用オイルの再考が必要である。

膠を使ってゴムダンパーを接着した。


もうひとつのCPS40E(以前に振動子のバーを膠で接着したもの)に交換して鳴らした。
e0292266_23471428.jpg

少しオイル切れだが音は出た。

鳥の写真のジャケット
e0292266_23474826.jpg

e0292266_23481783.jpg

e0292266_23485383.jpg

e0292266_2349408.jpg

[PR]
# by TK-europa | 2016-11-04 23:51 | Comments(0)

STAX CPS40E その5

今日は午後から久しぶりのオーディオタイム。

久しぶりにCPS40Eのメンテナンスをした。

20倍の実体顕微鏡を用いて、振動系の支持部とダンパーの間に長年に亘って溜まっていた糸くず埃を取り除き、コンデンサ間にオイルを追加した。

いい感じになった。

次々にレコードを聴いた。
e0292266_21402842.jpg

e0292266_2141158.jpg

突然ターンテーブルが動かなくなった。

そしてゴトッと何かが落ちた音がした。

見るとアイドラーが転がっていた。
e0292266_21413841.jpg

アイドラー支持部の金属部品の折損だった。

またもや「好事魔多し」である。
[PR]
# by TK-europa | 2016-10-30 21:45 | Comments(0)

Prestoその4

今日は短時間のオーディオタイム。

商用電源の60Hz駆動ではモーターはきっちり1800rpmだが、ターンテーブルの回転は34.2rpmである。

周波数変換器で58.35Hz駆動にしてターンテーブルを33.3rpmに合わせた。

安心して聴ける。


カメラを忘れたので画像はない。
[PR]
# by TK-europa | 2016-10-10 20:09 | Comments(0)

Presto その3

今日はオーディオタイム

前回の終了前にPrestoが突然減速して30rpm程度になった。

進相コンデンサの劣化か、リード線の断線が考えられた。

入手時、モーターのリード線は被覆が経時劣化(硬化)しており、モーターから出たところで4本のうち2本の被覆が折れていた。
e0292266_22342190.jpg

進相コンデンサは正常だったので、被覆の折れている2本のうちの強く折れている1本を新しいコードに
繋ぎ直した。
e0292266_2235452.jpg

e0292266_22353467.jpg

e0292266_2235598.jpg

すると正しい回転数になった。被覆の折れているところで断線していたようだ。
e0292266_22402989.jpg

220Aと215Aを聴き比べて楽しんだ。
[PR]
# by TK-europa | 2016-09-30 22:43 | Comments(0)

Presto その2

今日は久しぶりのオーディオタイム

Prestoは使用しているうちにゴロと発熱が目立つようになったので、モーターのメンテナンスを行う。
e0292266_2271177.jpg

モーターを分解するのははじめての経験である。
e0292266_228437.jpg

下部の軸受けにはオイルが全くない状態だった。

オイルをタップリと充填して組み直す。

モーターはいい感じの動作音になった。

ゴロと発熱はオイル切れが原因だった。

フェアチャイルド220Aでジャズ等をいっぱい聴いた。
e0292266_2283323.jpg

e0292266_2295233.jpg

e0292266_22102415.jpg

e0292266_2211793.jpg

e0292266_2211474.jpg

e0292266_22124398.jpg

e0292266_2214393.jpg

e0292266_2215855.jpg

クラシック以外のモノラル盤はこれで行けそうである。


一昨日は月下美人が3輪開花した。その前日に1輪、昨日に1輪、計5輪咲いた。
e0292266_22161121.jpg

[PR]
# by TK-europa | 2016-09-22 22:18 | Comments(3)

Prestoが来た

Presto Cutter 1-Cが来た。

例によって梱包は完璧だった。

ウキウキしながら開梱したら・・・

モーターが・・・・・
e0292266_00253577.jpg
e0292266_00255729.jpg
片方のサスペンションが外れていた。

ワッシャーとネジが一つ見つかったので何とか復元できた。
e0292266_00261621.jpg
エラでフェアチャイルドと聴き比べ。

音のキレは僅かに負けるが、SNはやや勝るようだ。

ポン置きでのこの再生音は今後が期待できそうである。
e0292266_00262752.jpg
カッティングアームは格好良いが、将来的には取り外して、

別のアームを装着したい。


[PR]
# by TK-europa | 2016-08-27 00:30 | Comments(0)

Connoisseur craftsman type2の置き台2

今日は昼からオーディオタイム。

Connoisseur craftsmanの置き台を一段増やして三段にした。
e0292266_22160053.jpg
またわずかにSN比が向上したようだ。

色々聴いた。
e0292266_22172020.jpg
e0292266_22192739.jpg
e0292266_22195502.jpg
e0292266_22184440.jpg
ハーリ・ヤーノシュが今までで1番良く聞こえた。
[PR]
# by TK-europa | 2016-08-11 22:23 | Comments(0)

月下美人2016

昨夜 月下美人が咲いた。

今年は一輪だけだった。
e0292266_21295040.jpg

昨年咲いたのは9月の初めだったので今年は1ヶ月早い。猛暑のせいか。

日曜日だったのでレコードを聴きながら開花までの観察ができた。
e0292266_21305646.jpg
e0292266_21312178.jpg

e0292266_2251279.jpg

e0292266_21325864.jpg
e0292266_21332994.jpg

22:30に満開になった。
e0292266_2134942.jpg

[PR]
# by TK-europa | 2016-08-01 22:09 | Comments(0)

レコードタイム

今日は朝からオーディオタイム。

LP、EP三昧だった。

デュプレのエルガー、ボベスコのヴィオッティ22番、アンチェルの新世界、ステファンスカのショパン1番、クライバーンのショパン幻想曲、ムラヴィンスキー悲愴モノ、ゲスティのオペラアリア、A.シュミットのモーツァルト23番、
e0292266_21453228.jpg

e0292266_21464950.jpg

e0292266_21471964.jpg

e0292266_21474555.jpg

e0292266_21481049.jpg

e0292266_21484297.jpg


EPは中島みゆきの夜風の中から、リリィの私は泣いています、いしだあゆみのブルーライトヨコハマ、イルカの海岸通、なごり雪、山崎ハコの織江の唄、荒井沙知のもず、ガロの学生街の喫茶店、etc.
e0292266_21504874.jpg

素の中島みゆき、芯のつよさを感じさせる瞳がとっても魅力的です。
e0292266_2152678.jpg


最後にお約束の「みんな去ってしまった」の「夜風の中から」で終了した。

満足した。


EPはまさに劇場という感じである。
1曲ごとに風景がガラリと変わり、場面ごとにそのレコードに込められた音楽家や製作者の想いを楽しんだ。

EPは2度ずつ聴いた。
先ず聴いて、次に無水アルコールで音溝を拭いてもう一度聴いた。
すべて2度めの方が音が良くなった。特に音の鮮度、キレや輝き、すなわち空気感が改善された。

もちろん何もしないでも2度めの方が良い音になるのは知られたことだが、
それだけではなく以前に音溝に添付されていたと思われる静電気除去スプレーや、摩擦低減目的の表面処理剤がアルコールで除去される効果もあると考える。
同じレコードでアルコールで拭く度に音が少しずつ改善するので処理剤の除去は少しずつだと思われる。

お試しあれ。
[PR]
# by TK-europa | 2016-07-29 22:21 | Comments(0)