有山麻衣子 幻のコンサート CDR

インフラノイズ製の歌曲CDRの試聴をした。
e0292266_5583297.jpg

試聴のつもりが最初の曲から最後の曲までずっと一気に聴き通してしまった。
感想を一言で言うと素晴らしい演奏の名録音である。
歌手の音楽に対するひたむきで真摯な思いが直接的に伝わってくる。
一曲一曲本当に心を込めて歌っているのが解る。

通常CD盤はこのCDR盤を聴いた後では音が僅かに滲んでいる。
この差をどの程度に考えるかだが、小生にとっては決定的な差に感じられた。

試聴はいつもの装置で行った。
Studer A727、インフラノイズGPS-777、CCD-6、CCV-5、DAC-1、Marantz#1、ARC D250Mk2、Acoustat #6。
接続ケーブルはすべてインフラノイズリベラメンテケーブルである。
[PR]
# by TK-europa | 2014-05-08 06:00 | Comments(0)

Collaro

DECCA Mark1カートリッジとffssアームを入手したのをきっかけにCollaroプレーヤーを導入することになった。
e0292266_2235817.jpg

e0292266_2236233.jpg

e0292266_22383155.jpg

e0292266_2241474.jpg

お楽しみはこれからだ。
[PR]
# by TK-europa | 2014-04-27 22:44 | Comments(4)

SP盤電気再生2

SP盤電気再生の続きをしました。
まず茶筒ドライバーの能率が高いので巻線抵抗のボリュームを追加しレベルを合わせました。
SP盤はクナッパーツブッシュのサロメの踊り、モリーニのサラサーテなどいろいろ聴きました。
e0292266_2337425.jpg

e0292266_23381352.jpg


WE300Aはアームリード線を本来の結線方法に戻し、内蔵パッシブイコライザーを通した再生音を確認しました。
10数年前にWE300Aを入手した時に聞き比べてイコライザーを通さない音を選択していたのです。
e0292266_23393052.jpg

下の写真は向かって右の端子が本来の端子で、左の端子はイコライザーを通さないでカートリッジ出力を取り出すために自作したものです。
e0292266_23404761.jpg

e0292266_23414787.jpg


内蔵イコライザー出力そのままではQC1+QUAD1の組み合わせではゲインが足らないので、仕方なくやや離れた位置にあるMarantz#1のマイク端子につないで音を出しました。
この状態では針音はある程度制御されていて無難な音がしますが、イコライザーを通さない瑞々しい音を聴いてしまうと物足りなさがつのります。
イコライザー出力ケーブルを3m以上長く引き伸ばした状態での音ですから本来の音は出ていないと思いますので次回はフラットアンプをパッシブイコライザーの近くに設置して試してみようと思います。
[PR]
# by TK-europa | 2014-01-08 23:59 | Comments(0)

SP盤電気再生

少し時間ができたのでSP盤の電気再生に使うスピーカーを出してきました。
e0292266_22233893.jpg

ジェンセンインペリアルボックス
e0292266_22243096.jpg

中身はマグナヴォックス励磁型15inch
e0292266_2225201.jpg

e0292266_22262715.jpg

組み合わせるのは茶筒ドライバー、とりあえず15μFで切っています。
これにロンドンWEの8セルホーンを装着する予定です。
e0292266_23233863.jpg

再生ラインはWE300A+QUAD QC1+QUAD1
e0292266_22272580.jpg

e0292266_222806.jpg

e0292266_22285910.jpg

e0292266_22292923.jpg

e0292266_22295859.jpg

いろいろ聴きました。
[PR]
# by TK-europa | 2014-01-05 22:33 | Comments(3)

聴き初め

寒中お見舞い申し上げます。

昨年は父が急逝し、一昨年は母が逝去しました。
2年連続で新年のご挨拶は失礼いたします。

昨年はいろいろ忙しく、オーディオもほとんどできませんでしたが、
今年こそ良い年にしたいものです。

e0292266_22324712.jpg

今年の聴き初めはパッティの「埴生の宿」にしました。
100年以上前の吹き込みですが、まだ充分明瞭な音です。

e0292266_2233534.jpg

次にメルバの「私の名はミミ」を聴きました。

その後はオイローパジュニアでLPを聴きましたが、
以前に比べて音の立ち上がり明晰さが向上しています。
今年はオイローパジュニアを鳴らす時間が増えそうです。
[PR]
# by TK-europa | 2014-01-01 22:35 | Comments(0)

CPS40Eをアクースタットで鳴らす

e0292266_2155380.jpg

アクースタットの前に設置スペースを開け、マイクロトラック740をポン置きでCPS40Eを鳴らしてみた。
やや腰高で荒削りな音だが、音の解像度はEMT927+SPU-GE改の上を行く。
またSA-228はRCA70Bでぎりぎり使えるかもしれない。
これは今後の展開が楽しみである。
[PR]
# by TK-europa | 2013-11-10 21:57 | Comments(2)

D-115復活

e0292266_2321525.jpg

SA-228のアームレストを交換しました。


e0292266_2334840.jpg

D-115の不具合の原因を確認するためにチューブチェックをしましたが、エミ減は赤熱した1本だけでした。
飛んだ電源ヒューズを交換して、新しい6550Aを用意してバイアス電流を確認更正して通電しましたが問題ない様だったので一安心です。


e0292266_2345275.jpg

[PR]
# by TK-europa | 2013-11-09 23:18 | Comments(0)

STAX コンデンサーカートリッジ

e0292266_229372.jpg

STAX CPS40Eカートリッジを専用アームのSA-228で初めて聴きました。

e0292266_2314556.jpg

オーディオリサーチSP-10とD-115、フェログラフS-1を使ったサブシステムで聴いたのですが、
良い音です。調子に乗って大音量で鳴らしましたが、D-115の出力管6550Aが1本昇天してしまいました。

次はメインシステムで聴き比べをしたいですね。
そのためにはマイクロトラック740の設置場所を確保しなければなりませんが・・・。
[PR]
# by TK-europa | 2013-11-09 02:35 | Comments(0)

到着

e0292266_2147518.jpg




到着したのはfairchild539Gである。
e0292266_19352742.jpg

ポータブルカッティングマシンとして設計されていたようだ。
なかなか精悍な佇まいで、コンパクトにまとまった2スピードの駆動方式と相俟って思わず購入してしまった。
これで16inchターンテーブルは5台になった。(他にEMT927st、WE300A、fairchild531A、RCA70B)
(fairchildの型番を間違っていました。)



e0292266_19402517.jpg

202と記念撮影。ただしこの位置では強いアンダーハングになり使えない。



e0292266_1941122.jpg

実用的にはこの場所か。



e0292266_19433126.jpg

GRAY108で動作確認する。
ちょっとした不具合もいくつかあるが、手直し後に他の16inchターンテーブルとの鳴き合わせが楽しみである。
[PR]
# by TK-europa | 2013-10-30 21:49 | Comments(3)

RCA MI 9377A


e0292266_21252674.jpg


e0292266_2126461.jpg


e0292266_2126301.jpg

[PR]
# by TK-europa | 2013-09-25 21:28 | Comments(4)