インフラノイズ CCD-6

e0292266_36224.jpg

インフラノイズCCD-6(クロック分配器)を入手したのでGPS-777のクロックをSTUDER A727とCCV-5に分配して聴いてみた。
それまではSTUDER A727にはABS7777から44.1kHzのクロックを、CCV-5にはGPS-777から44.1kHzのクロックをそれぞれ供給していた。
CD再生はSTUDER A727→CCV-5→DAC-1→Marantz#1→ARC D250mk2→Acoustat#6のいつものライン。
e0292266_3272939.jpg

接続ケーブルはCCV-5の前後にデジタルリベラメンテケーブル、DAC-1の出力にリベラメンテケーブルを使用し、クロック用にはインフラノイズ製デジタルケーブルを使用している。

試聴したCDは米良美一の「うぐいす」と男声合唱の「雪国にて」に併録されている「三崎のうた」を使う。
e0292266_3292046.jpg

e0292266_3294576.jpg

結果、今までで最高の再生音になった。

以前からデジタル再生にはインフラノイズ社の製品をずっと使用しており、
新しい製品が出る度に再生音の向上を見ていたが、
DAC-1、UBS-201、GPS777、CCV-5、リベラメンテケーブル、デジタルリベラメンテケーブル、CCD-6と
揃うに連れて音の完成度が天井に近づいていると感じる。
近い内に発売が予定されているクロック専用ケーブルが非常に楽しみである。

なおCCV-5とCCD-6は直接重ねて使用しない方が良い様である。
重ねるとケースの音が再生音に乗るように聞こえる。

<追記>
CCV-5とCCD-6の間に厚い布(綿毛布など)を入れると大丈夫の様です。
e0292266_21185263.jpg

[PR]
# by TK-europa | 2012-12-31 03:32 | Comments(0)

アームケーブル作成

昔入手したDINケーブルを流用してコンデンサーカートリッジ用のグレースアーム出力ケーブルを作成しました。
ターンテーブルの脇にPOD-XEを置くことにして適度な長さを取りました。
e0292266_21575477.jpg

入手したDINケーブルにはもともと引っ張りに耐えるように細い鋼線?が2本添えられていましたが、音質的には邪魔になりそうで、外被を剥がし鋼線を外し熱圧縮チューブを被せます。
e0292266_21591431.jpg

断端を剥がすと二重のシールド、芯線の捻りが左右で異なっています。
e0292266_2205767.jpg

AIW18G単線を接続端子にしてシールドをかぶせ熱圧縮チューブを被せて完成です。
e0292266_2221489.jpg

e0292266_2225822.jpg

e0292266_9373199.jpg

と思ったらアース線を繋ぐのを忘れていました。
e0292266_2233921.jpg

AIW16G撚り線をアース線にしてとりあえず完成です。
早速繋いで動作確認です。
e0292266_2241939.jpg

前には2m程の長さのケーブルを使っていましたのでPOD-XEのメーターの針があまり振れなかったのですが、この短いケーブルでは振りきれるほどの状態になりました。
前にPOD-XEの右チャンネルの共振コイルのコアが欠けていると書きましたが、これはコアがコイルの底までねじ込まれていて動かなかっただけだということが分かりました。
コアを適正な位置まで戻して両チャンネルとも調整が可能になりました。
[PR]
# by TK-europa | 2012-10-09 22:56 | Comments(1)

スピーカーケーブル交換

e0292266_20381278.jpg

acoustat#6のスピーカーケーブルを交換しました。
同じAIWの撚り線で16Gから14Gに変更です。

まず左チャンネルを交換して音の改善を確認した後、右チャンネルも交換しました。
e0292266_20384173.jpg

外したケーブルです。

音の余裕度が向上し、acoustatが今までで一番良い音で鳴っています。
[PR]
# by TK-europa | 2012-10-03 20:43 | Comments(0)

GPS-777 + CCV-5

e0292266_21591045.jpg

インフラノイズのCCV-5を入手しました。
同社のGPS-777と組み合わせてDAC-1の前につなぎ、CDとPCオーディオの再生に使用します。
e0292266_21171551.jpg

CDの再生にはStuderA727を使い、PCオーディオ(現状はCDのリッピングが主)の再生にはmini9とUSB-201を使っています。
e0292266_2232080.jpg

e0292266_2243059.jpg

CCV-5の導入前にはGPS-777をStuderA727とUSB-201の外部クロック入力に入れて使用していました。
CCV-5を使い再生するとCDとPCどちらの場合も以前より再生音の向上を見ました。
今まで聞こえなかった音がいろいろ聞こえ、音の躍動感充実感が向上してさらに気持ちよく聴くことができるようになりました。
大好きな中島みゆきの世界歌謡祭ライブ録音の「時代」に感激しました。
[PR]
# by TK-europa | 2012-09-20 22:14 | Comments(3)

リールクランパー

e0292266_21572789.jpg

AG350-2に使うためにデンオン用のリールクランパ-を用意してたのですが、片方がリールスピンドルに入りません。
チャックを締めるノブを一番緩めた状態にしても入りません。
これは何かおかしいと思い、中を見てみると、真鍮製のチャックの大きさが2つで明らかに違っていました。
入らない方のチャックが大きいのです。
脱落防止ピンをつけた状態だとすでにチャックが締まりすぎていてスピンドルに入らなかったのでした。
別のヴァージョン用のものを(誤って)組み合わせてあったのでしょう。
チャックの内腔をわずかに削り、脱落防止ピンを外した状態にして何とか使えるようになりました。

前の持ち主はいったいどうやって使っていたのでしょう?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
追加

前の持ち主にメールで問い合わせをしたところ、動作確認をして問題なかったとのこと。
そこでもう一度クランパーの分解をしてノギスでサイズを計測しました。
すると大きさはほとんど変わりません。
大きさが2つで明らかに違っているというのは私の勘違いでした。
結局入らなかった原因は真鍮製のチャックの6つの爪の隙間の幅が微妙に違っていたことでした。
チャックのピンがわずかに歪み,そのために穴がわずかに狭くなりスピンドルに入らなかったということ。
6つの隙間を均等になるように調整したところ脱落防止ピンを付けた状態でも何とか入るようになりました。

前の持ち主氏にあらぬ疑いを掛けましたことをお詫びいたします。
[PR]
# by TK-europa | 2012-08-30 22:06 | Comments(0)

Ampexがやってきました

Ampex AG350-2がやってきました。
e0292266_20253446.jpg

時間がなくて動作確認しか出来ませんでしたが、太くて良い音がします。
e0292266_20265488.jpg

Nagra T-Audioとの鳴き合わせが楽しみです。

現状では部屋の中に入らないのが残念ではあります。
[PR]
# by TK-europa | 2012-08-27 20:32 | Comments(2)

Stax

e0292266_2257048.jpg

知人宅で聴かせていただいたStaxコンデンサカートリッジの音に魅了され、自分でも使ってみたくなりました。

e0292266_23101964.jpg

出力ケーブルの無いSA-228専用アーム、ジャンク扱いのPOD-XEですが、CPS-40E,CP-X type2とまがりなりにも一式揃いました。
出力ケーブルは自作しましたが、12インチターンテーブルへの取り付けはまだ先になりそうです。

e0292266_2371847.jpg

何とか音を聴いてみたいのでヘッドシェルを改造してピュアストレートアームに取り付けることができました。

e0292266_23193790.jpg

CP-Xではノイズが付き纏います。POD-XEの調整はこれからです。右チャンネルの可動コアが欠けていました。

e0292266_23113223.jpg

CPS-40Eを使うとノイズも無く、なかなかの音を奏でてくれました。初日としては上出来の音です。
[PR]
# by TK-europa | 2012-08-19 23:50 | Comments(0)

ソーン シャープナー

e0292266_0484555.jpg

昨年入手したEMGのソーンシャープナーです。

フェアチャイルドターンテーブルの側面を駆動力として利用しています。
e0292266_2302072.jpg

以前使っていた手動のシャープナーと比べて研磨効率と仕上がり精度に大きな差があります。
e0292266_051480.jpg

ソーン針で聴くSP盤は純度の高い音がします。
e0292266_2305859.jpg

[PR]
# by TK-europa | 2012-08-15 00:52 | Comments(4)

はじまり

某氏に勧められてブログを始めました。

オーディオを趣味として40年以上続けています。
趣味としてこんなに面白い物はないと思っています。

e0292266_1251465.jpg


これから少しずつ書いてみようと思います。
[PR]
# by TK-europa | 2012-08-12 01:30 | Comments(2)