<   2017年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

みゆきチクルスその3

今日も昼からオーディオタイム

みゆきチクルスの続きをした。

「寒水魚」
e0292266_2133963.jpg

「臨月」
e0292266_2141846.jpg

「生きていてもいいですか」
e0292266_214452.jpg

「おかえりなさい」
e0292266_2153946.jpg

「親愛なる者へ」
e0292266_2163266.jpg




その後に整流管5U4GとAZ50の聴き比べをした。
e0292266_217328.jpg

やはりAZ50の方が音色の統一感が向上するようだ。

5U4Gに比べるとAZ50のほうがやや辛口である。
 
 
 
 
 
 
[PR]
by TK-europa | 2017-07-30 21:09 | Comments(1)

みゆきチクルスその2

今日は午後からオーディオタイム

オイロパジュニアのウーファー用の励磁電源は整流管AZ50を使用しているが、ドライバー用励磁電源は5U4Gを使用していた。

ドライバー用の励磁電源の整流管をAZ50を使ったものに変更した。
e0292266_22211196.jpg

音色の統一感が僅かに向上したかもしれない(が、気のせいかもしれない)。



LPでみゆきチクルスの続きをした。

「回帰熱」
e0292266_2221548.jpg

「わたしの子供になりなさい」
e0292266_22232698.jpg

「組曲(Suite)」
e0292266_22235989.jpg

聞きながら、整流管5U4GとAZ50とを差し替え可能な励磁電源を作った。
e0292266_22243865.jpg


明日はこれを使って、比較試聴をするつもりである。
 
 
 
 
 
[PR]
by TK-europa | 2017-07-29 22:30 | Comments(0)

みゆきチクルス

日曜日は中島みゆきの「ご乱心の時代」のLPを主に続けて聴いた。

「予感」
e0292266_1154053.jpg

「はじめまして」
e0292266_1161531.jpg

「御色なおし」
e0292266_1164766.jpg

「miss M.」
e0292266_1171956.jpg

「36.5℃」
e0292266_1175338.jpg

「中島みゆき」
e0292266_1195557.jpg

「グッバイ ガール」
e0292266_120507.jpg


昔(30年ほど前)は音がキツくて気持よく聞けず(特に36.5℃)、2,3回聴いてそのまま放置していた。

7枚のLPを全曲続けて聴いたのは今回初めての経験だったが、それぞれの録音の違いがよく判る再生音で、気持よく聞けて満足した。

マランツ#1、テレフンケンV69a、クラングフィルムEuropa juniorを使用した。

e0292266_1223433.jpg

最後はいつもの「夜風の中から」で締めくくった。
 
 
 
 
 
[PR]
by TK-europa | 2017-07-29 01:30 | Comments(0)

BJアームその4

先週末は土日と午後からオーディオタイム

土曜日は最初に入手したBJアームの分解調整を行なった。
e0292266_723522.jpg


入手当時は絶好調だったが、しばらく前に振動子の不調なXMSカットリッジを調整している時に

軸受けの軸のネジ止めが少し緩んでいるのに気がついた。

その時にネジを少し動かしたのが原因で調子を崩した。

そのために2本目のBJアームの組み立てをしたのである。

2本目のBJアームの調子が良くなったので、1本めのBJアームを調整する気になった。

分解してみると、軸受けの接着固定が3ヶ所で外れていた。

これを再接着固定し、再組み立てをした。軸ネジをややきつめに締め、放置した。
e0292266_731024.jpg


接着が十分固定されたのを見計らって軸ネジを僅かに緩め、試聴し軸受けの微調整を繰り返した。
e0292266_74710.jpg

2本目のBJアームと比較試聴した。
e0292266_744618.jpg

1本めのアームのほうが少し確りした音の出方である。

音の差はアームボードの仕上げの違いによるものと思われた。
 
 
 
 
 
[PR]
by TK-europa | 2017-07-28 07:07 | Comments(0)

Europa jr. driver の試験開腹


昨日は昼からオーディオタイム

今週初めに急にオイロパジュニアの左チャンネルのドライバーの音が小さくなった。

20年近く前に入手以来初めてのトラブルである。

励磁コイルは問題なく、1ターンのボイスコイルもテスターを当てるとわずかに音は出ている。

駒ヶ根のK氏に教えを乞い、ドライバーの分解点検を(リモートコントロール下にて)行った。
e0292266_22243614.jpg

e0292266_2226755.jpg

e0292266_22274888.jpg

e0292266_22283130.jpg

e0292266_22291378.jpg

e0292266_22301937.jpg

e0292266_22321193.jpg

e0292266_22325962.jpg

心配していたボイスコイルへのリード線の腐食は見られなかった。

結局はマッチングトランスとリード線へ誘導する真鍮ブロックの接触不良と思われた。
e0292266_2234517.jpg

スクワランで真鍮ブロックを拭きしっかりとネジ止めした。
e0292266_1871694.jpg

元に戻して、試聴すると問題なく動作した。



Kさん、おかげさまで問題を解決することができました。本当にありがとうございました。




e0292266_22362194.jpg

スピーカーを降ろしたついでに置台も少し変えた。


今日も昼からオーディオタイム

いろいろ聴いた。
e0292266_2238297.jpg

e0292266_22391334.jpg

e0292266_22395095.jpg

BJアームも少し調整が進んだ。
 
 
 
 
 
[PR]
by TK-europa | 2017-07-09 22:46 | Comments(0)

BJアームその3

夕食後に短時間のオーディオタイム

BJアームのケーブル接続部分をシールドした。
e0292266_0444588.jpg

コラーロ4TR200をメインポジションに置いて試聴した。
e0292266_0431453.jpg

まだまだ調整が必要である。

------------------------------------------
(追記)
BJアームが正常に動作するための(必要)条件

プレーヤーのターンテーブルとアームボードが水平であること。
トレース時のアームが水平であること(長軸方向、横方向共に)。
アーム基部のアーム部との軸受け4点が長方形(の角)であること。
カートリッジ受けとアーム部の軸受け4点が長方形(の角)であること。
10箇所の軸受けの摩擦抵抗が少ないこと。もちろん軸受けのガタは最小であること。

これらが全てクリアーされないと正常な動作は覚束ない。
具体的にはトレースの途中で(捻れによる軸受けの摩擦抵抗の増大により)先に進まなくなり針飛びを起こす。

------------------------------------------



茶筒ドライバー用のバラック励磁電源をまた少し変更した。
e0292266_0453988.jpg

再生音は僅かずつだが改善しているように感じる。
 
 
 
 


[PR]
by TK-europa | 2017-07-01 01:00 | Comments(2)