<   2015年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

LEAK Dynamic pick-up その6

今日はオーディオタイム。

LEAK dynamic pick upの裏蓋を開けて内部を見た。
e0292266_22114468.jpg

e0292266_2235291.jpg

e0292266_2242445.jpg

振動系から細い細い線が端子に繋がっているのを画像で確認した。
(肉眼では暗くてよく見えなかった)

振動系を触るのは無理だと判断して撤退した。
e0292266_2262020.jpg

親指の腹で針先を左右に僅かに動かして呪文を唱えた。

一枚のアームボードではやはり高さが足らなくて、針圧が掛かりすぎる。
e0292266_2275532.jpg

ゲタを履かしたアームボードに変えたが、レコードの厚みより針圧計の測定部の厚さが大きいので実際の針圧がうまく測れない。
e0292266_2282267.jpg

しかたがないので実際にレコードを掛けながらアーム基部の高さを少しずつ変えて、良さそうな高さを探した。

良い位置はベースの半回転程度の範囲にあるようだ。
e0292266_22133786.jpg

音のビリツキはあまり感じなくなったのでダンパーはまだ大丈夫の様だ。呪文が効いたのだろう。

慣性質量の大きなカートリッジが奏でる太い太い音が大変好ましい。

近いうちにチップをダイアモンドの1ミル丸針に換装してもらうつもりである。
[PR]
by TK-europa | 2015-06-28 22:16 | Comments(0)

STAX CPS40E 1+1=1

少し前、手持ちのSTAX CPS40Eがやっと良い音で鳴るようになったので、スペアが欲しくなった。

たまたまオークションに出たので、無理して落札した。
動作確認なしのジャンク扱いとのことだった。
e0292266_213842100.jpg

届いたのでいそいそと動作確認した。
動作確認するためには元々着けていたCPS40Eを外さなければならない。
シャフトがキツくて抜けない。力を入れたらバキッと音がしてシャフトが根元で千切れた。
シャフトはアームパイプに残った。

ショック!!!

折れた心を抱いてシャフトを取り外し、入手したCPS40を取り付けたが両チャンネルとも音が出ない。

ガーン!!!!!

念のためにCP-Xを取り付けると問題なく鳴る。

踏んだり蹴ったりである。ジャンク扱いではなく本物のジャンク品だった。

3週間前の出来事だった。






今日は久しぶりのオーディオタイム。

友人に資料を貰って、懸案のCPS40Eの修理を行った。

まずユニットカバーを外して見比べる。
e0292266_21424478.jpg

シャフトの折れた方(CPS40E)には振動系から伸びるリード線が3本確認できるが、入手した方(CPS40)には3本とも見えない。
e0292266_2146443.jpg

e0292266_2147216.jpg

CPS40の振動系ユニットブロックを外した。リード線がブロックの根元で折れていて表面に全く出ていない。
e0292266_2148783.jpg

e0292266_21483299.jpg

CPS40Eのリード線のはんだを外した後、同じようにブロックを外した。
e0292266_21492153.jpg

これをCPS40の振動系の位置に固定して、はんだ付けをして出来上がりである。
e0292266_2150301.jpg

e0292266_21574444.jpg

動作確認をすると無事に両チャンネルとも音が出た。とりあえずやれやれである。
[PR]
by TK-europa | 2015-06-24 22:11 | Comments(1)

MARCONIPHONE OEM?

MARCONIPHONEに良く似た励磁型スピーカーユニット2個をオークションで入手した。
e0292266_13315967.jpg

一つはコーンユニット中央部の劣化と布エッジの破損があり、両方共ボイスコイルボビン取付部外側のコーンの変形があった。
動作は確認されておらずジャンク扱いとのことであったが、動作確認をするとどちらも動作した。(励磁電源200V65mA程度)

3個並べて記念撮影した。
e0292266_131950100.jpg

左がtype90である。
e0292266_1320152.jpg

右がtype90である。

入手したものはtype90に比べてポールピースがやや太いようである。

エッジの破損している方は音のびりつきがあったが、エッジを外すとまあまあの音になった。
ただしこのままではユニットが少し奥に引っ込んだ位置になっているので再生音圧がやや低い。
ユニットを少し前に出して好ましい位置で布エッジを固定し直すことが必要であろう。

エッジの綺麗な方は手持ちのmarconiphone type90と良く似た音がした。
合わせてステレオ再生が出来そうである。
[PR]
by TK-europa | 2015-06-17 13:40 | Comments(0)

Klangfilm Eurodyn KI.L439

アパートのエアコンを取り替えるために、作業の邪魔になるEurodynを移動した。
e0292266_12213229.jpg

裏側に溜まった埃を10数年ぶりに払った。
e0292266_12215998.jpg

e0292266_12223144.jpg

普段はこれでLP(とCD)を小さな音で聴いている。
[PR]
by TK-europa | 2015-06-17 12:23 | Comments(0)

Europa jr. Klartonの調整その2

Europa jr. Klartonの調整の続きをした。

巻線抵抗器のケーブルを作成した。
e0292266_2273522.jpg

音が安定したのでスピーカーボックスの底の埃を払う気になった。

聴いていると僅かに高音がきついので巻線抵抗器の抵抗値を430Ωに上げた。
この状態で左チャンネルウーファー210V、ドライバー162V、右チャンネルウーファー216V、ドライバー168Vとなった。

いい感じになった。
e0292266_228943.jpg

e0292266_2283475.jpg

いろいろ聴いた。
[PR]
by TK-europa | 2015-06-03 22:13 | Comments(0)