<   2015年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Europa jr. Klartonの調整

入手からしばらく経ったのでEuropa jr. Klartonの鳴りが良くなっている。
先日お客様に聴いていただいたとき、高音が勝った音だった。
ブラットハラーの動きが良くなったのだろう。

今日はブラットハラーのフィールド電源の電圧を下げるために巻線抵抗の抵抗値を上げた。
まず、およそ370Ωから400Ωへ上げた。
音のバランスがある程度改善されたので、今度は巻線抵抗器を大型のものに交換して比較試聴した。
e0292266_239424.jpg

大型のものの方が好ましい鳴り方をした。
両チャンネルともに大型のものに換えた。
e0292266_23101779.jpg

最終的には420Ωでいったん固定した。
この状態で左チャンネルウーファー211V、ドライバー164V、右チャンネルウーファー217V、ドライバー170Vとなっている。
e0292266_23104587.jpg

e0292266_23111370.jpg

いろいろ聴いた。
[PR]
by TK-europa | 2015-05-31 23:13 | Comments(0)

LEAK Dynamic pick-up その5

今日は久しぶりのオーディオタイム。

LEAK dynamic pick upの調整の続きをした。
アームボードは一枚で何とか使えそうだったので,もう一度アームボードを作成した。
e0292266_22591.jpg

アーム基部の高さ調整を繰り返してLPとEPの両方が掛かるようになったが、
バネの沈み具合で針圧が変化するので針圧調整が非常に難しい。

音溝の劣化が少ない状態で安定してトレースできるようになり、太い音がしてたいへん好ましい。
しかし再生音にある程度の歪みがつきまとう。ダンパーの劣化が窺われる。
次回はカートリッジの裏蓋を開けてみることにして,調整はいったん休止とした。


久しぶりにXMSを聴く。
e0292266_2264094.jpg

e0292266_2282616.jpg

ユーディナのディアベリ変奏曲が良い。
[PR]
by TK-europa | 2015-05-20 22:11 | Comments(0)

LEAK Dynamic pick-up その4

昨晩は短時間だったがLEAK dynamic pick upの調整の続きをした。

アーム基部の高さ調整がなかなかシビアで、適正針圧が掛かる範囲が狭く、
LP盤に合わせるとEP盤が薄いので針圧が掛かりにくい状態となり、仕方なくEP盤は2枚重ねで鳴らした。
e0292266_2112494.jpg

e0292266_21124784.jpg

まだまだ調整が必要である。
[PR]
by TK-europa | 2015-05-13 21:13 | Comments(0)

LEAK Dynamic pick-up その3

今日は久しぶりにお客様があった。
Acoustat、Magnavox、Europa junior klarton、London WEと聴いていただいた。
楽しい時間はあっという間に過ぎた。
Europa junior klartonが好評だったようだ。

お客様をお見送りしたのち、補助アームベースを作り、LEAK dynamic pick upの取り付け作業を行った。
高さ調整を繰り返して、やっと音が出た。前回よりかなり良い感じだ。
e0292266_234051.jpg

e0292266_2361824.jpg

アームベースの水平度がアームのラテラルバランスに直結している。
針先はLP用のルビーチップである。針圧は約6g。
調整はまだまだこれからだが。
[PR]
by TK-europa | 2015-05-10 23:16 | Comments(0)