<   2015年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Collaro 2010 ポータブル

大切な友人の手をひどく煩わせて入手したCollaro 2010 ポータブルがやっと届いた。
オリジナルアーム付きに惹かれたのである。
e0292266_2110934.jpg

Working Order Excellent Conditionとのふれ込みだったが開包してみるとなかなか悲しい状態だった。
e0292266_21104766.jpg

e0292266_21113397.jpg

e0292266_2112242.jpg

1)モーターユニットを懸架する3本のバネのうちの1本が外れていてモーターユニットが落ちてぶら下がっており、他の1本のバネが少し伸びていた。
2)アイドラーシャフトが無い。
3)アイドラーは近くに転がっている。
4)電源コードはケーブルのみがつながっており、プラグが無い。

アイドラーシャフトはユニットボードとケースの隙間に転がっていた。
このアイドラーシャフトは頭部にネジが無いものなので、シャフトを固定するときにはアイドラーを付けた状態で基部のネジで固定する方式である。
そうすると固定のためのマイナスドライバーのアプローチが難しそうだ。
頗る使いにくいがこれが純正のものなのだろうか?。

アイドラーの形状は4T200に使われているものとおなじようだった。
アイドラーを固定するユニットを牽引するバネの取り付け位置も4T200と同じ構造だった。
このモデルは4T200から2010への移行期に作られたものかもしれない。

モーターユニットから外れたバネを元に取り付けたが、伸びたバネのせいでモーターが沈んだ位置になっているのでこのままでは45rpmは使えない状態である。
78rpmと33.3rpmは何とか使えるかもしれない。
似たようなバネがあればよいのだが。

今日はここで時間切れとなった。

次回はモーターに通電してみる予定である。
[PR]
by TK-europa | 2015-03-25 21:30 | Comments(1)

Europa jr. Klarton5

今日はtelefunken O85スピーカーを引き取りに行った。
業者にずいぶん長い間預けていたが、結局買い手は見つからなかったようである。
持ち帰って、動作確認をしたが大丈夫なようだった。


Europa jr. Klartonを少し内振りにした。
e0292266_21314323.jpg

色々聴いた。
e0292266_21325522.jpg
e0292266_21331736.jpg
e0292266_21333940.jpg

[PR]
by TK-europa | 2015-03-22 21:36 | Comments(0)

Collaro 4TR200 その4

今日は時間が無くてモノラルを少し聴いた。
e0292266_22251843.jpg

e0292266_2227292.jpg

なかなかいい感じである。
[PR]
by TK-europa | 2015-03-11 22:32 | Comments(0)

Collaro 4TR200 その3

Europa Jr. Klartonがだんだん良い感じになってきている。
現状の励磁電源電圧はウーファが左211V、右208V、ドライバーが左167V、右165Vである。
これはまた調整が必要となるだろう。

昨日はCollaro 4TR200にFFSSアームを取り付けて鳴らしてみた。
e0292266_19514659.jpg

e0292266_1952127.jpg

e0292266_19525682.jpg
e0292266_19544337.jpg

いつもの「夜風の中から」で終了とした。
[PR]
by TK-europa | 2015-03-09 19:59 | Comments(0)

インフラノイズ パワーリベラメンテ

注文していたインフラノイズ パワーリベラメンテが届いた。
e0292266_213565.jpg


CD再生は基本的にはacoustatを使うことにしているのだが、
acoustat#6の左チャンネル用のARC D250IIはやっぱり故障していたので、
仕方なく右チャンネル用のD250IIを両チャンネルに使い、
#6の上半分のユニットだけを鳴らすことにした。

試聴機器はいつもと同じで
Studer A727、インフラノイズGPS-777、CCD-6、CCV-5、DAC-1、Marantz#1、ARC D250Mk2、Acoustat #6(上半分)。
接続ケーブルはすべてインフラノイズリベラメンテケーブルである。

この状態でインフラノイズ パワーリベラメンテを試した。

使ったCDは中島みゆき「命のリレー(04年夜会ヴァージョン)」
ユニクラCDR、ちあきなおみ「黄昏のビギン」である。

これらをまず聴いて、その後にDAC-1の電源ケーブルをパワーリベラメンテに交換した。


命のリレーを掛けた。
e0292266_21361324.jpg

この曲は語りから始まりアカペラになりバックバンドにつながる構成である。
会場ホールのエコーがふんだんに収録されているが、アカペラのフレーズに続くエコーが、音程によって空間の違う場所に反響しているのが初めて判った。

これはすごい。

音数の増加が半端ではない。
ユニクラCDRも試聴のつもりが全曲聴いてしまったし、ちあきなおみも然りである。

次回のCDプレーヤーの電源ケーブル交換がたいへん楽しみである。
[PR]
by TK-europa | 2015-03-08 21:42 | Comments(0)

Collaro 2010 その3

e0292266_1950992.jpg

Collaro 2010はバネを付けたが33.3回転がまだ不安定で、さらにモーターの蠕動音が聞こえ始めた。
これはまずい。
e0292266_1951552.jpg

モーターの上側のシャフト軸受けにオイルを追加したが、下側のシャフト軸受けにはオイルが届かない。
仕方なしに軸受けを外した。
e0292266_19534915.jpg

e0292266_19544677.jpg

軸と軸受けのクリーニングを行い、オイルを追加した。
モーターの蠕動音は消失したが、回転数がまだ若干足りない。
思い付いて短いバネの端を僅かに伸ばして取り付けた。
アイドラの接触圧が確保されてしっかり規定数で回転するようになった。

これでやっとfonofilm typeCとS-212が活躍できる。
嬉しくなってモノラルレコードをたくさん聴いた。
e0292266_19555972.jpg

e0292266_19564690.jpg

e0292266_19585767.jpg

e0292266_19594058.jpg

4T200も聴いた。
e0292266_2033085.jpg

e0292266_2051255.jpg

パルジファル前奏曲をモノとステレオで聴き比べた。
e0292266_2035950.jpg

e0292266_2043079.jpg


e0292266_2062062.jpg

e0292266_2072278.jpg

最後のモーニンはモノ盤なのだが、黒腹stereoでEuropa jr.Klartonからなかなかご機嫌な音が出てきた。
[PR]
by TK-europa | 2015-03-02 20:33 | Comments(0)