<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

EMT927stの音の改善

昨年からブンジンアンティックのM支配人にお世話になって、EMT927stにフェルトのターンテーブルシートを導入した。
音の純度が上がり愛用している。
e0292266_2244417.jpg

少し前にアイドラーが劣化したので新品交換をした。
その時に思いついて減速用のスリップフェルトを使用しないで、駆動周波数を調整することで回転数を合わせることを試してみた。
西日本在住の小生の927は220V50Hz動作であるので周波数変換器が必要となる。
e0292266_22382812.jpg

現在使用している周波数変換器は600VA出力で電圧調整と電源周波数微調整が可能なので、ひこさんに教えていただいたレーザータコメーターを使ってターンテーブル回転数を合わせると、小生の場合駆動周波数は49.59Hzになった。(49.55Hzで33.2、49.56~49.69Hzで33.3、49.70Hzで33.4だった。)ちなみに50.00Hzでは33.6となった。
e0292266_22455425.jpg

スリップフェルトを使わないのでSN比がさらに改善された。

927あるいは930をお使いの方は、いちどスリップフェルトを使わない時の音を試してみられてはいかがでしょうか。
[PR]
by TK-europa | 2013-03-20 23:00 | Comments(5)

A727の小改造

クロックリベラメンテケーブルを導入する時、インフラノイズのデジタルケーブルをStuderA727に繋ぐために
A727の外部クロック入力回路のICをパスする必要がありました。

変更前
e0292266_19321399.jpg

変更後
e0292266_1933716.jpg

部分拡大
e0292266_1934588.jpg


写真のように工夫をすることでインフラノイズのデジタルケーブルがそのまま使えるようになりました。
ICを外してソケットの1番と6番を繋ぐだけです。
IC回路をパスしたので音も良くなって一石二鳥でした。
[PR]
by TK-europa | 2013-03-16 19:41 | Comments(0)

リベラメンテ揃い踏み

e0292266_20254619.jpg

先日クロックリベラメンテケーブル(CKL1.3NBC)を入手してCCD6とCCV5の間に使い、再生音の大いなる向上を認め早速2本追加注文をしたのでした。
e0292266_20262525.jpg

お待ちかねのCKL1.3NBCケーブルが昨晩届き、いそいそと繋ぎ換えました。
前回CKLに繋ぎ換えたときには最初の1時間程度はややもっさりした音がしたので今回も同じだろうと思っていましたが、
今回は繋ぎ替えて直ぐから音の充実感が増し、次第に透明度がアップしました。
今日は更に再生音が向上し、CD再生についてはもうこれでOKかなと。
多田武彦の三崎の歌の終曲「鮪組」が素晴らしい。
これで安心してCD盤を選ぶことができます。CD再生ではプリ入力端子まではStuderA727の他はすべてインフラノイズ製品になりました。
(GPS777、CCD6、CCV5、DAC1、USB201、クロックリベラメンテ3本、デジタルリベラメンテ2本、アナログリベラメンテ1組)

ちなみにMC昇圧トランスの出力もアナログリベラメンテケーブルを使っています。
セットの裏側はこのとおりです。
e0292266_20271424.jpg

[PR]
by TK-europa | 2013-03-13 20:32 | Comments(4)